【IT】最新のマイクロソフトのクラウドサービスの利活用は、自社の強み

2年前と大きくクラウド(コンピューティング)サービスが変わりました。
ストレージサービスでは、OneDrive for Businessで1 人につき ¥540 円/月で 1 TB の容量が利用できます。
また、Microsoft Azure(クラウドサービス)では、企業のセキュリティやアプリケーションなど様々なサービスが増えました。
今、自社のコンピュータシステムをクラウドサービスで利活用することが、業務高速化やBCP(事業継続計画)やコスト削減などになり、自社の強みのひとつになると考えられます。